LOGIN

Windows as a Service アップデート管理

社内のシステムを最新に保ち、Windows 10 の OS アップデートの実装規模を簡単に拡大

Windows 10 アップデートの配信規模を拡大

Kollective と ConfigMgr (SCCM) との統合により、OS の移行やアップデートの規模を拡大します。

 

Windows 7 のサポート終了

Microsoft は2020年1月14日を以て、Windows 7 オペレーションシステムのサポートを終了すると発表しました。O365 を使用しているグローバル企業の大部分は、まだ Windows 7 から移行していません。1月14日が迫る中、IT 部門の役員はセキュリティ上の脅威を回避するため、OS の移行規模を拡大する方法を探し求めています。

「Windows 7 のサポート終了」ホワイトペーパーをダウンロード

Windows as a Service (Windows 10)

Windows as a Service の登場により、Windows 10 はクラウドベースになりました。これにより、Windows 10 を実行しているすべての OS で毎月 OS のアップデートを行う必要が出てきます。大規模なグローバル企業の場合、この新しいアップデートサイクルがネットワークに過剰な負担をかける可能性があります。

「ソフトウェア配信の現状」ホワイトペーパーを読む

Kollective IQ

対策可能なインサイトを提供するパワフルな分析

 

遠慮なくお問い合わせください

専門家に相談して、ConfigMgr との統合に関する質問すべてに答えてもらいましょう

 

Microsoft は、同社 Windows-as-a-Service オペレーションシステム製品である Windows 10 のアップデートを毎月行います。
Windows 10 のアップデートのサイズは平均で 2GB ~ 5GB です。