LOGIN

企業のソフトウェアコンプライアンスを改善

従業員のセキュリティを確保し、重要なソフトウェアアップデートを確実に適用します。

ソフトウェアのセキュリティに関する災難を回避

昨年のニュースの見出しを見れば、企業が直面した最も大きなサイバー攻撃の数々の原因としてパッチを展開していないソフトウェアが挙がっているのを確認できます。事実、ServiceNow による最近の調査では、過去2年間でデータ漏えいがあった企業の60%近くが、まだパッチを展開していない脆弱性を介して攻撃されています。これだけではありません。34%の企業が攻撃前にシステムの脆弱性を認識していたと答えているのです。これは、近所で空き巣被害が出ていますと警察に告知を受けながら、家の鍵をかけずに出かけるようなものです。

 

SLA を確実に遵守する

サービスレベル契約 (SLA) は一般的に、外部委託業者か IT 部門などの社内リソースを対象に、セキュリティの要件やサービス内容を書き記すために使用されます。これには、脆弱性のスキャンやコードの品質管理、パッチの適用が含まれます。

通常、パッチの適用に関しては、以下のようなパッチング標準が SLA で規定されます。

スピード

スピード

パートナーは、簡単にデータの漏えいを回避できる場合に、素早いパッチ処理が行われることを望みます。

完全性

完全性

たった1台のデバイスを逃しただけでも SLA 違反になります。SLA にはパッチリリース後、決まった期間以内に 100% のデバイスにパッチを展開することを要求しているものが多くあります。

レポート

レポート

素早くパッチ処理を行うだけでは足りません。既定のレポート作成によって、効果が見えるようにし、検証することもまた大変です。

Kollective IQ

対策可能なインサイトを提供するパワフルな分析

遠慮なくお問い合わせください

専門家に相談して、ConfigMgr との統合に関する質問すべてに答えてもらいましょう

 

ソフトウェア更新は、ピアリングを使用することで、顧客、とりわけ待ち時間が長いオフィスや接続速度が遅いオフィスに、より効率よく届けられます。
はい。Kollective for ConfigMgr はソフトウェア更新や WaaS サービス更新、Office 365 更新など、ピアベースの Configuration Manager コンテンツタイプすべてをサポートします。